生きてるだけで精一杯。だけどせめて生きてる日々の感情や出来事を、何らかのカタチで残せればと思いブログを始めました。他人から見ればただの日記です。スイマセン。


by camel67ex

T湯街道狂想曲

自転車組立日記のカテゴリでサイクリング話を書くのも如何なものか。
で新たに自転車修行日記のカテゴリ追加。
“修行”とはM氏の言った言葉。いただきました。

新しいチャリにしてから、走った事をBlogりますこのコーナー。
実はすでに第1弾は組立日記の方に書いてるのでupなし。

第2弾。
先週末、S氏とM氏と私3人で走行会。
目的地はT湯街道某スカイライン入口の料金所まで。
午前中、雨が降っていたが、午後になって止み、これはチャンスと
集合。で、丁度良い曇り空の中を出発しました。

昨年一度このコースを行っている私は、嫌な思い出がありました。
やはり料金所まで行き、スカイラインを走る予定でしたが、
その半分も行けず、途中ギブアップ。暑さと疲労で膝ガクガク。
とても悔しい思いをしました。

今回は乗っているチャリも違うのですが、一人じゃないので
気持ち的にも楽でした。
がしかし、路は楽ではありませんでした。(やっぱり)
ひたすら登り、登り、登り。休憩場所も坂道。
だんだん、陽も見えてきて、物凄い汗。
水分を採っても、追いつかない程の汗。

ただ、感じたのは前回とは明らかに疲れ方が違うこと。
もっとイケる。自分の中でそんな声が聞こえてきました。
前回挫折したあの場所まではノンストップで行ってやる。
そんな感情が疲れより前を走りました。

で何とか前回の場所もクリア。さらに進みます。
ところがその数km地点で足が急に重くなり、
進みが悪くなってきました。
いかん、水分を採らなければ。・・・・・ガーン!
もう水が無い。そう。出発時は曇っていたので、
1本で充分だと考えてそれ以上の水は持っていかなかったのです。

つらい。キツい。

あと1kmちょっとで料金所なのに。

他の2人も水が無いそうで、「どうします?」「戻りましょう。」
で、結局残り僅かでUターンとなりました。

帰り道、ブレーキかけっぱなしで坂を降りる。
悪路でハンドルが震える。手に力が入る。ググー!
登りの疲労で体がチャリを上手く操れない。久々に感じた恐怖。

無事山を降り、コンビニに着く。みんな疲れてる。
一斉に水分を補給すると会話が弾む。
しばらく休みをとって各々家に向かう。お疲れ様でした。

いや〜、何か疲れましたね。でも楽しめましたよ。
またチャレンジしましょうね。皆さん。
[PR]
by camel67ex | 2006-07-19 15:02 | 自転車修行日記